髪の毛が痛む原因

髪の毛が痛む原因

 

綺麗に髪の毛を伸ばすのって大変ですよね。

 

なぜなら、髪の毛は日々さまざまなことが原因で痛むから。

 

パーマカラーリングヘアアイロンの多様は明らかに髪の毛を傷める行為ですが、実は普段何気なくやっていることが髪の毛の痛みにつながる可能性があるんです。

 

では、どういうことが髪の毛の痛みにつながるのでしょうか?

 

 

髪の毛の痛みの原因

 

紫外線

 

紫外線を浴びると日焼けをしたり肌の老化につながります。

 

しかし、それだけではなく実は髪の毛にも負担がかかってしまうのです。

 

日本人の髪の毛は黒いですが、紫外線を浴びると髪の毛も日焼けをしてしまいます。

 

日焼けをした髪の毛は乾燥が悪化しダメージを受けやすい状態になりキューティクルも広がってしまうでしょう。

 

パサパサになってしまった髪の毛は、たっぷりと保湿をしなければどんどん痛みが進行してしまうでしょう。

 

肌に日焼け止めを塗る人は多いですが、髪の毛にまで日焼け止めを塗る人はなかなか少ないですよね。

 

最近話題のスプレータイプの日焼け止めは髪の毛にも塗ることが出来ますし、洗い流さないトリートメントにUVカット機能が含まれている商品もあります。

 

帽子等で物理的にUV対策を行うこともできますし、髪の毛の紫外線対策も気にかけてみてはいかがでしょうか。

 

シャンプーの仕方

 

普段何気なく行っているシャンプーの仕方のせいで、髪の毛が痛んでしまっている人もいます。

 

たとえば、ブラッシングをせずに髪の毛を洗ってはいけません。

 

短い髪の毛の場合は問題ないかもしれませんが、適度に長い髪の毛の場合はブラッシングをせずにシャンプーをすると泡立てるときにキューティクルが壊れてしまうでしょう。

 

他にも、シャンプーの使い過ぎはおすすめしません。

 

何プッシュもシャンプーを使うと、確かに泡立てやすくなりますし髪の毛も洗いやすくなるでしょう。

 

しかし、シャンプーをたっぷりと使いすぎると逆に髪の毛が痛む原因となってしまいます。

 

シャンプーはあくまで少量から、まずは手のひらで泡立てがら使ってみてください。

 

髪の毛の痛み対策にもなりますし、節約にもなるでしょう。

 

熱いお湯もNG

 

髪の毛も体も、熱いお湯で洗った方が気持ちがいいですよね。
油分もしっかりと洗い流せるような気がします。

 

けれども、熱いお湯はキューティクルが開いたり膨らむ原因となってしまうのです。

 

シャンプーは少しぬるいなと感じる程度のお湯が最適だといわれています。

 

生活習慣その他

 

髪の毛とは一見関係ないように見える生活習慣も、髪の毛を傷める原因になっている可能性があります。

 

たとえば、ストレス。

 

ストレスが増えると抜け毛が増えるといいますが髪の毛の痛みにもつながります。

 

髪の毛を精神面は近しい関係にあり、ストレスを感じていると髪の毛が抜けるだけではなくツヤや光沢がなくなってしまったり痛みが悪化するようです。

 

ダイエットも良くありません。

 

髪の毛は食事からも栄養を与えられているので、栄養不足になり綺麗な髪の毛を維持することが出来なくなってしまうのでしょう。

 

冷暖房に頼りすぎる生活も良くないですよね。

 

体を冷やしすぎると血行不良になってしまい細胞に栄養がいきわたらなくなってしまうのです。

 

逆に、暖房は髪の毛の乾燥の原因となります。

 

適度な冷暖房なら問題ありませんが、過度に使いすぎないようにしましょう。

 

夜更かしも当然、髪の毛に体にも悪影響を及ぼすでしょう。

 

栄養は眠っている間に体の中をめぐるので、しっかりと睡眠をとらないと当然栄養の供給が十分に送れなくなってしまいますよね。

 

このように、白髪染めはもちろんその他の理由で髪の毛が痛む原因はたくさんあります。
 
髪の毛が痛まない白髪染めを探すことはもちろん大切ですが、白髪染め以外で髪の毛を傷めていては意味がありませんよね。
 
普段から痛みに気を付けつつ、トリートメントタイプの白髪染めなど痛みにくい白髪染めを使うことでほぼノーダメージで白髪染めを使うことが出来ます。

 

 また、傷んでしまった髪にはアミノ酸シャンプーなどでケアしないと、どんどん傷みが進行してしまいます。私の場合はこの製品でケアし大きな効果を感じました。黒髪化効果もあるので白髪+髪の傷みでお悩みの方におすすめです=ボリュームアップ効果に注目!Haruスカルプシャンプー

 

髪を絶対に傷めない!