黒染め

若白髪が気になる

 

白髪は一般的には加齢により起こる現象です。

 

しかし時折、10代20代のうちから白髪が少しずつ生えてきている人もいます。

 

白髪が出来る原因は加齢以外にも、睡眠不足、疲れ、栄養不足、ストレス等があるといわれています。

 

その為、もちろん遺伝で生まれつき白髪が多い体質の人もいるでしょう。

 

若白髪ってどうしても気になりますよね?

 

けれども、若いうちから白髪染めをするのは恥ずかしいと思っている人もいるでしょう。

 

美容室で染めるときやドラッグストアで白髪染めを購入するとき、ついつい普通の黒染を選んでしまっていませんか?

 

白髪染めも黒染めも、髪の毛を黒く染めるという点は同じです。

 

しかし、成分に違いはあるのでしょうか?

 

 

白髪染めと黒染めの違い

 

白髪染めと黒染めは、成分自体に違いはほとんどありません。

 

どちらも地毛を黒く染めるためのものなのです。

 

しかし、白髪染めの方が若干染める力は強いでしょう。

 

黒染めは、明るい髪色を染めるための商品ですが、白髪染めは白い髪の毛を染めるための商品です。

 

茶色を黒く染めることと、白色を黒く染めることを考えると、当然白色を黒く染めるときの方がより染める力が必要になりますよね。

 

もちろん多少の白髪程度であれば黒染でも十分染まるでしょうが、増えてきた白髪は白髪染めの方が綺麗に染まります。

 

 

自然に染めたいなら白髪染めトリートメントがおすすめ

 

ちょっとした白髪を染めるために黒染を繰り返していると、どんどん髪の毛は傷んでしまいます。

 

また、傷むだけではなく不自然な黒色になってしまう可能性もありますよね。

 

髪の毛のためを考えると、少しの白髪を染めるために黒染はお勧めできません。

 

黒染は、茶色にカラーリングするよりも髪の毛へのダメージが大きいのです。

 

もし、ちょっとした白髪が気になるようであれば、白髪染めトリートメントを使ってみてはいかがでしょうか。

 

白髪染めトリートメントは、あくまで自然に、地毛に馴染むように白髪を染めてくれる商品です。

 

真っ黒ではなく、自然な色合いに染められるので黒染後のような違和感もないでしょう。

 

また、あくまでトリートメントなので髪の毛を傷めることなく、トリートメントをしているだけで白髪を染められます。

 

そして、ほとんどの白髪染めトリートメントは通販で購入が可能です。

 

特に評判の良い白髪染めトリートメントはドラッグストアではなく通販での購入が推奨されていますし、送料無料や定期購買割引等を実施しているところも少なくはありません。

 

ちょっとした白髪でも気になって染めたい。

 

そんな時は、黒染ではなく白髪染めトリートメントを使ってみませんか?

 

髪を絶対に傷めない!