髪が傷まない白髪染め

頭皮と髪の健康を保つにはブラシ選びが大切 

ヘアブラシ

 

最近では髪を美しく保つためには頭皮の健康を保つことも大切だと言われるようになりました。

 

今までは髪の質や仕上がりばかりにこだわった製品が多かったものですが、今となっては頭皮の健康にこだわった製品の方が多くなっているのです。

 

その中でも特にブラシ選びは頭皮や髪の健康にとても重要なポイントとなります。

 

ブラシに関してはあまり関心を持たれないという方も多いのではないでしょうか。

 

ですがブラシによっては頭皮の健康が阻害され、髪が傷んでしまう原因となってしまうのです。

 

ブラシひとつでも髪の健康も頭皮の健康も損なわれてしまうので、シャンプーなどと同じように慎重に選ばなければならないのです。

 

もし頭皮トラブルや髪の毛の傷みで悩んでいる方は、ブラシを変えてみると良いかもしれません。

 

シャンプーはちゃんと頭皮や髪の健康のことを考えて選んでいるのに、トラブルが減らないのは使用しているブラシが原因となっていることも多いのです。
またブラシはあまり使うことがなく手ぐしで済ませることも多いという方も要注意です。

 

ブラシを使用することで髪の毛の艶が保たれ、頭皮にも程よく刺激が与えられ健康になっていくのです。

 

頭皮や髪の健康を気にされている方や、シャンプーはすでにもうこだわっている方は、次は使っているブラシを見直してみましょう。

 

ブラシ選びも慎重に、トラブルが回避できるような選び方をしましょう。

 

 

良いブラシの条件

 

髪と頭皮の健康を保つために重要なのはブラシです。

 

ですが良いブラシとはどのようなものなのかわかりませんよね。

 

そこでどのようなブラシが良いのか、その条件をチェックしてみましょう。

 

まずブラシにとって一番重要な毛の部分に注目しましょう。

 

ブラシにも様々な素材の毛を使用しており、その種類はプラスチック素材・ナイロン素材・木製・豚などの天然毛などがあります。

 

この中でも一番良いとされているのが天然毛で、特に豚や猪の毛が良いとされています。

 

天然の毛を使用することで髪の毛の摩擦が軽減され、静電気も起こりにくくなります。

 

静電気は髪だけではなく頭皮にも負担がかかってしまうため、あまりよくありません。

 

またプラスチックや木製のほかナイロンなどは頭皮への刺激も強すぎるため、頭皮が傷みやすくなります。

 

天然の毛で作られたブラシならほどよい刺激を頭皮に与え、頭皮のマッサージ代わりにもなります。

 

他にも天然毛を使用したブラシは乾燥しパサつきが目立つ髪の毛にもツヤを与えてくれるのです。

 

豚の毛は優しいので刺激を与えたくない方にオススメで、程よい頭皮への刺激が欲しい方は猪の毛を使用すると良いでしょう。

 

このように良いブラシには条件があるので、今のブラシが自分の頭皮や髪の毛を傷める原因となっていないかチェックし、できれば変えるようにしましょう。

 

使ってはいけないブラシ

 

良いブラシには条件があるということですが、反対に使用してはいけないブラシもあります。

 

頭皮や髪の健康を保つためにも、ブラッシングは大切ですが良いブラシでなければ逆にトラブルが起きてしまう場合があります。

 

ではどのようなブラシは使用してはいけないのでしょうか。

 

まず強く刺激を与えてしまう硬い素材のブラシは頭皮にも髪にもよくありません。

 

そして静電気が起こりやすいブラシも、頭皮への刺激と髪を傷める原因となります。

 

プラスチックの素材やナイロン製は硬いものも多く、静電気も起こりやすいので控えた方が良いでしょう。

 

また毛先が鋭いようなブラシも頭皮への刺激となるので、あまり使用しない方が良いです。

 

頭皮にはできるだけ優しいものを使用するようにしましょう。

 

また素材ではなくブラシの状態もチェックしておく必要があります

 

ブラシにもお手入れが必要で、このお手入れを怠ってしまうと雑菌が繁殖したりブラシが傷んでしまったりします。

 

不衛生にならないように抜けた髪の毛溜まったらこまめに取りましょう。

 

また雑菌が繁殖している可能性もあるので、洗うように心がけましょう。

 

たかがブラシといってもされどブラシ、その影響力は自分が思っているほど大きなものです。

 

使用してはいけないブラシにも条件があるので、しっかりと自分が使っているブラシをチェックしてお手入れなども欠かさないようにしましょう。

 

 

ブラシを使うタイミング

 

ブラッシングを行うことで髪や頭皮を健康に保つことができますが、ブラッシングにもタイミングがあるので注意が必要です。

 

まず良いタイミングは入浴や洗髪の前です。

 

ブラッシングは髪の汚れやホコリなどを取る目的もあり、洗う前にブラッシングすることで洗っている最中の髪のもつれなども解消されるでしょう。

 

他にもスタイリング前にブラシを使うことで、髪の毛がまとまりやすくなりツヤも出ます。

 

またお風呂上がりのタオルドライ後なども、ドライヤーをする前にブラシを使うと髪がほつれにくくなるでしょう。

 

ではタイミングとして悪いのはどのような場合でしょうか。

 

一番よくないのは濡れている時のブラッシングとパサついている時のブラッシングです。

 

洗髪後すぐにブラシを使って髪をとかすと、濡れている分ブラシに力が入り髪や頭皮に負担がかかります。

 

また濡れている髪はとても繊細なので、傷みやすい状態でもあります。

 

この時のブラッシングはとてもよくないので、ブラシを使う前には必ずタオルドライを行ってから使用しましょう。

 

またパサついている時のブラシの使用も髪にも頭皮にも大きな負担となるので、気をつけなければなりません。

 

パサついている時は髪の毛が絡まりやすく、ブラシのしようにより毛切れや静電気が起きやすくなります。

 

このようにブラシを使うにもタイミング一つで大きく髪や頭皮も変わるので、注意して使用するようにしましょう。

 

 

おすすめは?

 

ブラシを使う際にはタイミングというものがあります。

 

ですがどのタイミングが一番頭皮や髪にとって良いのでしょうか。

 

オススメのタイミングとしては、入浴や洗髪の前になります。

 

シャンプーをする前にブラシを使うようにすることで、頭皮も髪も健康に保つことができるのです。

 

その理由がブラッシングをする意味にもあるのです。

 

ブラシを使う理由は、髪の汚れやホコリを取り除くことです。

 

洗う前にこれらの汚れをしっかりと取り除くと、洗髪で汚れを洗い残すこともなく清潔な頭皮や髪の毛を保つことができるのです。

 

余分な汚れをしっかりと取り除くことで、頭皮の汚れもシャンプーによって落としやすくなり、毛穴の汚れもしっかりと落とせます。

 

またブラシを使用することで、頭皮にも刺激が与えられ血行も良くなり皮脂や頭皮の毛穴汚れも落としやすくなるでしょう。

 

汚れがしっかり落とせることでも頭皮は健康に保つことはできますし、ブラッシングにより髪のもつれによる摩擦も起きません。

 

このように入浴・洗髪前のブラシのしようがいちばんのオススメとなります。

 

たったこれだけの手間でも、髪の毛はもちろん頭皮も健康に保てるのであれば是非取り入れていきたいですよね。

 

髪の毛をとかす時には毛先から優しくとかすことで、さらに傷みも抑えられます。

 

このタイミングを守って、頭皮や髪の毛を健康に保つようにしましょう。

 

最高級のブラシは髪と頭皮の健康を守ります。
本物を購入したい方はこちらをご覧ください→プレゼントにメイソンピアソン!買うなら絶対公式サイトで

↓ラサーナ白髪染め+ヘアケア一覧