自分で気づかない白髪・・意外と他人は見ている?

誰かの視線を感じる…白髪が目立つ場所とは?

せっかく白髪を綺麗に染めても、太陽の光や照明などが原因で白髪が目立ってしまうことがあります。

 

蛍光灯

 

例えば、天気の良い日に外出したり、窓が大きな場所に居たりすると、髪の毛の色が明るく見えることがありますよね。
このように髪の毛が明るく見える場所にいると、暗いところでは目立ちにくかった白髪も、キラキラと光って目立ってしまいます。

 

特に市販のヘアカラーなどを使って自分で白髪染めをした場合、染めてから色落ちするまでの期間が短いため、より白髪が目立ちやすくなってしまうのです。

 

光が多い明るい場所に行くときや、オレンジ系の明るい蛍光灯がある場所に行くときには、白髪がキラキラと目立ってしまわないか気になってしまいます。

 

 

白髪が目立ちにくいのは、青白い色の蛍光灯です。

 

青白い色の蛍光灯の下であれば、髪の毛の色が全体的に暗めに見えます。
色落ちしかけている白髪がキラキラと目立ってしまうこともないので、周りの目を気にせずに過ごせるでしょう。

 

一番良いのは、常に白髪が目立たないように綺麗に染まっている状態にしておくことですが、お金や時間の面で難しいこともあるでしょう。
明るい場所に行くときにはヘアアレンジをして白髪を隠すなど、工夫をする必要がありそうです。

 

 

同年代の友人の白髪事情

 

自分が白髪で悩んでいると、同年代の友人はどうなのか気になってしまいますよね。
白髪が生えてくる原因は、人それぞれ違います。

 

最近では若白髪も増えてきており、白髪に悩んでいる人は男女問わずとても多いです。
白髪は決して恥ずかしいものではないので、白髪が生えてくる原因を見つけて、正しい対処をしていきましょう。

 

 

まだ若いのに白髪が多い人は、ストレス・栄養不足・遺伝などが若白髪の原因であると考えられます。

 

日頃から強いストレスを感じる生活を送っていると、体の血行が悪くなったりホルモンバランスが乱れたりして、十分な栄養が頭皮まで届かなくなってしまいます。

 

メラニン色素がしっかりと定着しないまま髪の毛が伸び続けてしまうため、色素のない白髪になってしまうのです。
学校や仕事などでストレスを感じている若者が多く、最近ではストレスが原因で若白髪になってしまう人が増えているのです。

 

同年代に白髪で悩んでいる人はいないと思っていても、意外と同じ悩みを抱えている人は多いです。白髪を上手く隠す方法を考え、少しずつストレスを解消していけたら良いですね。

 

また、若白髪で悩んでいる人の中には、ダイエットなどによる栄養不足が原因で白髪が生えてきてしまっている人もいます。
栄養バランスがとれた食事と適度な運動で痩せていくなら良いのですが、無茶なダイエットをして栄養不足に陥ってしまう若者が多いです。

 

食事を減らせば体重は落ちるかもしれませんが、リバウンドしやすくなってしまいますし、頭皮の栄養不足で白髪が急激に増えてしまうこともあります。
綺麗になりたいと思うのなら、健康面に気を遣ったダイエットを心掛けましょう。

 

白髪になってしまう原因で特に多いのは、遺伝です。
若いうちに遺伝の影響で白髪が生えてきてしまうこともありますし、加齢とともに少しずつ白髪が増えていくこともあります。

 

白髪が増える時期やパターンはさまざまですが、両親のどちらかが白髪で悩んでいる場合には、自分も白髪になりやすいかもしれないと思っておきましょう。
早いうちから気を付けておけば、将来白髪になることを防げるかもしれません。
現在白髪が増えてきてしまっている人も、これ以上白髪が増えてしまうことがないように、しっかりと栄養を摂取して規則正しい生活を送るようにしましょう。

 

白髪で悩んでいる人は、男女問わず意外と多いです。
ひとりで白髪に悩まず、美容室で綺麗に染めてもらったり、自宅で気軽にできる白髪ケアを始めてみましょう。

 

 

白髪を目立たなくする方法

 

白髪を綺麗に染めたつもりでも、やはり少しずつ色落ちしていってしまいます。
色落ちしかけている白髪や、明るく染めすぎてしまった白髪は、光が当たる場所に行くとキラキラと目立ってしまうことが多いです。

 

白髪が目立ってしまうと、外出することに抵抗感を感じてしまうでしょう。
明るい場所に行っても、白髪が目立たないような染め方をして、白髪のことを気にせずに出掛けられるようになりましょう。

 

 

市販のヘアカラーで白髪染めをしてしまうと、白髪だけがキラキラと目立ってしまうことが多いです。

 

トリートメント

 

白髪をより自然に染めるためにおすすめなのは、「白髪染めトリートメント」です。
トリートメントタイプの白髪染めは、髪の毛の表面と内側の浅い部分にのみ染料を浸透させ、キラキラ感を抑えて白髪を染めていきます。
ヘアカラーは、メラニン色素を抜いてから染料を浸透させていくブリーチ作用がありますが、トリートメントにはブリーチ作用がありません。
髪の毛から色素を抜かずに染めていくので、光に当たっても白髪が目立ってしまうことがないのです。

 

また、白髪染めトリートメントと一緒に「白髪染めシャンプー」も使用していくと、さらに自然に白髪を染めていけるのでおすすめです。
白髪染めシャンプーは、普段使っているシャンプーの代わりに使えるものです。

 

毎日シャンプーをしながら少しずつ白髪に染料が浸透していくので、白髪を染めるためだけに時間を作る必要がありません。
色落ちするたびに白髪を染め直すことが面倒だと感じている人にも、シャンプータイプの白髪染めをおすすめします。

 

商品によっては美髪成分が配合されているシャンプーもあり、白髪染めをしながら髪の毛のケアができます。
白髪染めは髪の毛を傷めてしまうイメージがありますが、白髪染めシャンプーを使えば、白髪染めをすることで逆に髪の毛をサラツヤに変えていけるのです。

 

トリートメントだけでも白髪が綺麗に染まりますが、シャンプーと併用すれば、綺麗に染まった色を長持ちさせることができます。

 

時間が経ってもキラキラ感が出ず、白髪が目立たない自然な状態をキープできるでしょう。
外出することが多くて、白髪が目立ってしまうことに悩んでいる人は、トリートメントやシャンプーを使って白髪染めしてみることをおすすめします。

 

 

髪を絶対に傷めない!