なぜ白髪になるの?そのメカニズムとは

なぜ黒髪が白髪になってしまうの?その原因とメカニズム 

ストレス

 

気がつけばちらほらと見え隠れするようになった白髪、あっという間に広がって今では白髪染めなしではいられないという方もいるでしょう。

 

ですがなぜ白髪になってしまうのでしょうか。

 

今まで黒かった髪が突然白髪になってしまうのか、それとも徐々に白髪になるのか。

 

その謎や原因、そしてメカニズムについてチェックしていきましょう。

 

もともと髪の毛には色がついておらず白いのですが、髪の毛を作り出す過程の中で、メラノサイトと呼ばれる色素細胞の働きが加わったことで黒い髪の毛になるのです。

 

そして白髪が生えてしまう原因は、何らかの影響や加齢により、メラノサイトの働きが弱まったりその働きを毛母細胞が受け付けなかったために白髪として生えてきてしまうのです。

 

髪の毛が作られる過程で起こるため、そのまま白髪が生えてくる場合もありますが、髪の毛が伸びている最中でも起こることがあるため、途中から白髪という場合もあります。

 

このような状態になるのが白髪が作られるメカニズムなのです。

 

そして原因となるのは主に加齢が多いと言われてきましたが、何らかの影響により白髪になってしまう場合もあります。

 

特に最近多い原因としてはストレスで、ストレスによりメラノサイトがダメージを受け、働きが滞ってしまうため白髪が増えてしまうのです。

 

栄養不足や不摂生も白髪になる原因と言われており注意が必要です。

 

このように白髪のメカニズム・原因がわかれば予防もしっかりできるので、これ以上増やしたくないと思う方は注意しましょう。

 

 

いくつから?

 

白髪が目立ってくるのは嫌だな、そう思っていても年齢を重ねるといつか白髪は生えてくるんだろうと思っている方も少なくはないでしょう。

 

ですが大体どのくらいの年齢になると白髪が目立つようになるのでしょうか。

 

おおよそですが白髪が目立ち始める年齢としては、男性が30代半ばぐらいから、そして女性は30代後半からと考えられています。

 

ただ一般的な筋になってしまうので、個人差も大きく影響する場合があります。

 

もちろん病気やストレスによっては若い頃から白髪が目立つという方も少なくはありません。

 

それでも年齢を重ねているのに全く白髪が目立たないという方もたくさんいるでしょう。

 

このように多少の個人差はありますが、大体の基準としては30代が目安ということになってくるのです。

 

ただこれもあくまで目安の年齢です。

 

遺伝的な要素や生活習慣も大いに影響してきます。

 

食生活に乱れがあるだけでも白髪が増えてしまうことがあるのです。

 

不摂生もなく健康的な方でも、ストレスが多ければ白髪になる場合もあるので、気をつけなければなりません。

 

ただ年齢による白髪の増加は本当に自然なことでもあるので、決して30代で白髪が目立ってきたからということで、落ち込む必要はありません。

 

目安としては30代、木になるようであれば白髪ケアを行いましょう。

 

 

若い人でも白髪が生える原因

 

白髪が生えてくる年齢としては男女ともに30代あたりと言われているのですが、個人差もあるため必ず白髪が生えてくるとは限りません。

 

特に若白髪と呼ばれているように、10代や20代でも白髪が多い人はたくさんいます。

 

ですがなぜそんな若い人でも白髪が生えてしまうのでしょうか。

 

それは白髪になってしまう原因にあります。

 

白髪の原因には加齢がありますが、その他に栄養失調や不規則な生活、そしてストレスや病気でも白髪になってしまう場合があります。

 

他にも体質によってはメラノサイトの働きが弱い方もいるかもしれません。

 

遺伝なども多少は影響されると考えられていますが、やはり一番多いのはストレスや不摂生などが多いようです。

 

特に栄養不足に陥るようなダイエットや偏った食事は、白髪にも大きく影響する場合があります。

 

このように若くても白髪になってしまう原因はたくさんあるのです。

 

またそのままで放っておくと若くてもどんどん白髪は増えてしまうでしょう。

 

若いからといってあまり過信しすぎてしまうと、一気に白髪が増えてしまうことになる可能性もあります。

 

できるだけ白髪が増えないような予防を行い、若い方も白髪を増やさないように気をつけましょう。

 

 

予防方法

 

若い方に増えている白髪など、白髪は年齢に関係なくどんどん増えていってしまいます。

 

ですがしっかりと予防することで白髪が増えるのを予防することはできるので、今すぐにでも始めていきましょう。

 

まずはストレスの解消から行うことが大切です。

 

白髪は特にストレスの影響を受けやすと言われており、若い方もストレスが原因で白髪が増えていると言われています。

 

まずはストレスから解消していくことも予防につながるため、とても重要と考えておきましょう。

 

その他にも栄養不足が考えられる場合には、偏った栄養の摂り方や過度なダイエットは要注意です。

 

ビタミンやミネラルはもちろんですが、たんぱく質などもしっかりと摂取して白髪が増えてしまわないようにしましょう。

 

他にも生活習慣の乱れも白髪が生えてくる原因となる場合があります。

 

寝不足や疲れは血行不良を起こしやすくなるため、ストレスと同じようにメラノサイトにダメージを与え、白髪になりやすくなってしまいます。

 

また病気なども原因として考えられるので、急な白髪の増加などに注意し病院へ行くようにしましょう。

 

このように白髪の予防はとても簡単で単純なものです。

 

それでもいざ実行するとなると、ちょっと大変と感じる方も多いかもしれません。

 

ですが白髪を増やさないためにも、しっかりとこれらのことに気をつけて白髪予防して行くようにしましょう。

 

 

白髪は二度と黒くならない?

 

白髪が増えてしまったら、もう白髪染めしかないと思う方も多いでしょう。

 

確かに昔から、一度白髪になった髪の毛は元に戻ることはないと言われていました。

 

ですが実はこれは迷信で、決して元に戻らないというわけではないのです。

 

ストレスなどで一時的に白髪になってしまった人も、その原因を解消したことで黒い髪に戻ったという方もいます。

 

また病気や薬の影響で白髪になっている方も、病気の完治や薬の変更で白髪が黒髪に戻ったという方もいます。

 

このようなことは実際に体験した方でなければわからないものでもありますし、ちょっとだけの白髪ではチェックするのも難しくわからないこともありますよね。

 

ですが白髪になった髪の毛が元の黒髪に戻るということもあり、決して珍しいことでもないのです。

 

ただ誰でもこのようなことが起こるとは限りません。

 

個人差もありますし、メラノサイトの状態や毛母細胞の状態によっても、起こる場合と起こらない場合もあるかもしれないのです。

 

必ずといったことでもありませんが、このようなこともあるため、決しても黒髪に戻ることはないとは言い切れません。

 

特にストレスの方は元に戻る可能性もあるので、決して諦めずにストレス解消を行なっていきましょう。

 

栄養の偏りでも改善すれば黒髪になる可能性もあるかもしれません。

 

まずは自分の生活状況などを見直してみて、どのような変化が起きるのか様子を見ながら健康に過ごせるようにしましょう。

 

↓ラサーナ白髪染め+ヘアケア一覧