年齢と髪の悩み

白髪、薄毛、年齢による悩みはさまざま

年齢を追うごとにどんどん増える髪の毛の悩み。

 

髪の毛といってもさまざまな組織から成り立っています。

 

髪の毛本体はもちろん毛包、毛細血管、毛乳頭や毛球部などなどいろいろ。

 

そして、それらの組織は他の部位と同じく年齢とともにどんどん老化していくのです。

 

年齢を追うごとに、どんどん白髪に薄毛、抜け毛など髪の毛の悩みは増えていくでしょう。
もちろん若い人でも白髪や薄毛に悩んでいる人はたくさんいます。

 

なぜこれらの悩みが出るのかというと、男性ホルモンが原因です。

 

男性でも女性でも、年齢を追うごとにどんどん女性ホルモンが現象すると言われています。
男性ホルモンは毛乳頭細から成長を抑える信号を発するといわれています。

 

また、男性ホルモンが増加すると油分過多となり、頭皮の油分がどんどん増えてしまうでしょう。

 

このせいで頭皮環境が悪化し、健康的な髪の毛が育ちにくくなるといわれています。

 

他にも、紫外線が影響して薄毛や白髪になる人がいるといわれています。

 

紫外線をまったく浴びずにすごすことは不可能に近いでしょう。
特に頭皮は日焼け止めを塗ることも出来ない部位なので、まったく対策をとらない人も多いですよね。

 

しかしそのままの状態を続けていると、どんどん頭皮環境は悪くなり、メラニン色素の生成が出来なくなり、白髪が出来る可能性があるのです。

 

他にも栄養不足、睡眠不足、ストレスなどが原因でどんどん薄毛や白髪が増えるといわれています。

 

年齢を追うごとに、どんどん頭皮環境は悪化し健康的な髪の毛を作ることが難しくなってしまうのです。

年齢を追うごとに艶はなくなる

年齢による髪の毛の悩みは薄毛や白髪だけではありません。

 

女性であれば、艶やかな美しい髪の毛に憧れるでしょう。
しかし、年齢を追うごとに髪の毛の艶も失われていくのです。

 

なぜ艶がなくなるのかというと、髪の毛内部の老化が原因です。

 

髪の毛内部にはさまざまな成分が存在し、保湿成分や栄養状態によって艶を出すことが出来ています。

 

特に重要なのが、キューティクルです。

 

髪の毛のキューティクル内部には髪の毛の艶を保つ成分がたっぷりと備わっているのです。

 

しかし年齢や紫外線、栄養不足のせいでキューティクルが髪の毛を守ることが出来なくなってしまいます。
そのせいでキューティクルが崩壊し、髪の毛内部の栄養を保つことが出来ず、ぱさぱさとした艶のない髪の毛になってしまうのです。

 

肌はある程度の補修機能が備わっていますが、髪の毛には自力で補修する力はありません。
そのため一度キューティクルが傷ついてしまうと艶がなくなり、さらにキューティクルが傷つき、痛みを繰り返してしまうのです。

 

艶が失われた髪の毛はとても老けて見えてしまうでしょう。

 

髪の毛を美しく保つためには艶は不可欠です。

 

しっかりとケアをすることで、髪の毛の艶を保つことが出来ます。

綺麗な髪を保つためには

綺麗な髪の毛を保つためには、髪の毛に栄養を送ること、そして髪の毛に負担をかけないことが大切です。

 

まずは髪の毛に栄養補給をしましょう。

 

栄養補給で一番おすすめなのが、トリートメントです。

 

ヘアケアに気を使っていない人はシャンプーのみ、もしくはシャンプー&コンディショナーのみでヘアケアを終えてしまいますよね。
コンディショナーでも十分髪の毛がつやつやサラサラになる、と思い勝ちですが、違います。

 

コンディショナーは髪の毛の表面しか艶やかにしてくれないのです。
キューティクルを補修する力はないので、髪の毛の改善にはつながらないでしょう。

 

あくまで偽者の艶しか出すことは出来ません。

 

そこでトリートメントの出番です。

 

トリートメントを使うことで、髪の毛の内部を補給しキューティクルもよみがえります。
もちろん一度だけでは効果を実感することは出来ませんが、使い続けることでどんどんキューティクルが補修され美しい髪の毛を取り戻すことが出来るでしょう。

 

綺麗なつやのある髪の毛を手に入れたいのであれば、トリートメントを忘れずに行ってください。

 

 

また、髪の毛を痛めないようにすることも大切です。

 

せっかくトリートメントで補修をしていても、髪の毛を痛めていてはプラスマイナスゼロですよね。

 

痛めないための努力は決して難しいことではありません。

 

長時間ドライヤーを使わない、至近距離でドライヤーを使わない。
パーマやカラーリングは最低限に、ヘアアレンジをするときは髪の毛を保護しながら行う。

 

あとは毎日栄養補給をしていれば、必要以上に髪の毛を痛めることはないでしょう。

 

特にカラーリングやパーマは重要です。
いくらトリートメントをしっかりと行っていても、パーマやカラーリングを行うとどんどん髪の毛は痛んでいきます。

 

老化も早まり、薄毛や抜け毛が出来やすくなってしまうでしょう。

 

美しい髪の毛を保ちたいのであれば、髪の毛に負担をかけないように注意をしてください。

白髪染めしながら美髪になろう!

カラーリングは髪の毛の負担となります。

 

しかし、白髪が気になる人はカラーリングをしなければいけませんよね。
たとえ艶があっても白髪のある髪の毛は若々しくありません。

 

白髪も気になるけれども髪の毛の艶を保ちたい。そんなときにぴったりなのが、白髪染めトリートメントなのです。

 

白髪染めトリートメントは、トリートメントなのに白髪染めの効果も実感できる優れもの。

 

トリートメントと同じように使うだけで、髪の毛の補修もしてくれますし、白髪染めとしての効果も実感することが出来るでしょう。

 

使い続けることでどんどん髪の毛が綺麗に染まっていき、白髪の気にならない髪の毛となります。
もちろんトリートメントとしての効果も実感できるので、キューティクルが補修され、艶やかな髪の毛を手に入れることが出来るでしょう。

 

あくまでトリートメントなのでカラーリングのように髪の毛を痛めることはありません。
だから薄毛も悪化しない、艶を保つことが出来る。

 

いつまでも綺麗な髪の毛を維持し続けたいのであれば、白髪染めトリートメントで白髪染めを行ってみてはいかがでしょうか?

 

ヘアケアしながら白髪染めが出来る!とても便利でとてもおすすめのアイテムです。

 

特に最近の白髪染めトリートメントは、どんどん進化しています。

 

白髪染めトリートメントといえばなかなか色が染まらないというイメージでしたが、最近はさまざまな処方の白髪染めトリートメントが増え、自然に色を入れることが出来る製品がたくさんあるのです。

 

もちろんカラーリングのようにすぐに色を入れることは出来ませんが、数日使い続ければどんどん自然な黒髪を手に入れることが出来るでしょう。

 

トリートメント効果も充実していて、どんどん髪の毛が補修されていきます。
そのため、痛んだ髪の毛を修復したい、ちょっとの白髪を補修したいという人にもおすすめです。

髪を絶対に傷めない!