白髪染めとシャンプーの相性

白髪染めと相性が悪いシャンプー

 

シャンプー

市販の白髪染めを使用して、自宅で白髪を染めている人は多いと思います。
美容室で白髪染めをすると、髪全体がムラなくきれいに染まりますが、時間とお金が掛かってしまうので頻繁に通えない人も多いでしょう。

 

自宅で白髪染めをするなら、使用する白髪染めにこだわるだけでなく、普段使用しているシャンプーとの相性もチェックしてみましょう。
白髪染めと相性が悪いシャンプーを普段から使用している人は、思ったよりも白髪が染まらなかったり、せっかく染まった色がすぐに落ちてしまう可能性があります。

 

白髪染めと相性が悪いと言われているのは、「シリコンシャンプー」です。
最近では、髪や地肌に優しいと言われる「ノンシリコンシャンプー」が増えてきているため、「シリコン」に注目してシャンプーを選んでいる人が多いかもしれません。

シリコンシャンプーは、髪表面を覆ってキューティクルをダメージから守ったり、髪をサラサラに保って絡まりにくくする効果が期待できるシャンプーです。

しかし、シリコンが髪の毛一本一本を覆ってしまっていることで、白髪染めを使用すると染料を弾いてしまいます。
そのため、普段からシリコンシャンプーを使用している人は、白髪染めをしても思うように染まらないことが多いのです。

 

 

相性が良いシャンプー

 

では、白髪染めとの相性が良いのはどのようなシャンプーなのでしょうか?

 

染料が上手く浸透していかない理由は「シリコン」なので、シリコンが配合されていない「ノンシリコンシャンプー」を選ぶと良いです。
ノンシリコンシャンプーは、その名の通りシリコンが配合されていないシャンプーです。
シリコンが頭皮の毛穴に詰まる恐れがないので、シリコンシャンプーよりも安全に使用できると言われており、薬局やドラッグストアで見掛けることも多くなりました。

 

ノンシリコンシャンプーなら、シリコンシャンプーのように髪の毛を覆ってしまう成分が配合されていないので、白髪染めの染料がきちんと浸透します。
シリコンシャンプーを使用している人の髪よりも、ノンシリコンシャンプーを使用している人の髪のほうがきれいに染まりやすいでしょう。
白髪染めの染料が髪の奥深くまで浸透すれば、色落ちが遅くなるメリットもあります。

 

ただし、ノンシリコンシャンプーにはシリコンが配合されていないので、人によっては髪の絡まりやパサつきを感じるかもしれません。
シャンプーの後にトリートメントを使用するなど、髪をダメージや乾燥から守るためのケアもプラスすると良いでしょう。

 

↓ラサーナ白髪染め+ヘアケア一覧