使い方

ラサーナヘアカラートリートメントの使い方

ラサーナ 使い方

 

ラサーナヘアカラートリートメントの使い方はとても簡単です。

 

まずはシャンプーをして余計な油分や汚れを取ってから、ラサーナを髪の毛につけましょう。

 

白髪部分を少し多めにして、髪の毛全体にトリートメントをなじませてください。

 

専用ブラシ&コームを使うと、手を汚すことなく髪の毛全体にしっかりとムラなく塗れるのでおすすめです。

 

次に、しばらく時間を置くようにしましょう。

 

初回は10分ほど、2回目以降は5分程度の放置が目安です。

 

時間を置いたら、次は丁寧にすすいでください。

 

トリートメントを洗い流していると、色のついた水が流れてて来るでしょう。
お湯に色がつかないようになるまで、しっかりと丁寧にすすいでください。

 

しっかりと洗い流したら、後はお風呂上りにドライヤーで乾かすだけで完了です。

 

ラサーナヘアカラートリートメントは、通常のカラーリング剤のように手間もかからず、普通のトリートメント感覚で染うることが出来るとてもおすすめの商品なのです。

注意点

ラサーナヘアカラートリートメントを使う上で注意したい部分がいくつかあります。

 

注意点を守らなければ、しっかりと髪色が入らなかったり、肌や髪の毛に負担がかかってしまうので注意をしましょう。

 

まずは、ラサーナヘアカラートリートメントを塗る前はしっかりと水気を取ることです。

 

ラサーナは乾いた髪の毛や手に使うことは出来ません。
洗髪前の髪の毛に使うと油分や汚れのせいで十分色が入らない可能性がありますし、乾いた手に付着すると色が落ちにくくなってしまいます。

 

しかし、髪の毛に水分が付きすぎていても十分に色が入らない可能性があるので、洗髪後、しっかりと水気を拭き取った髪の毛に使うようにしてください。

 

また、ラサーナヘアカラートリートメントの量はショートヘアでピンポン玉1個分、ミディアムヘアでピンポン玉2個、ロングヘアで3個分が目安です。

 

少なすぎると十分に染まりませんが、多すぎると液だれが起こったり頭皮につけすぎて傷んでしまう可能性があるので注意をしてください。

 

次に、放置時間です。

 

放置時間は初回10分、その後は5分が目安です。
長時間置いた方が色の入りが良いと思うかもしれませんが、長すぎると髪の毛が傷んでしまいます。

 

適切な時間でも十分染まるので、出来るだけ時間を守るようにしましょう。

 

もともと髪の毛が太く硬い場合は、髪の毛の状態を見ながら若干時間を伸ばしてみて下さい。

 

また、放置時間を伸ばすよりも、放置時間にヘアキャップやラップ等で髪の毛を覆うことをおすすめします。

 

髪の毛をしっかりと覆うことでトリートメントの浸透率がアップし、染まりやすくなるでしょう。

 

お風呂上りはしっかりとドライヤーで乾かしてください。

 

タオルで水気をオフするのみの人もいるかもしれませんが、生乾きの状態で放置をすると色が落ちてしまったり色落ちしてしまう可能性があります。

 

髪の毛に色を定着させるためにも、お風呂上りはきちんと乾かすようにしましょう。

 

これらの注意点を守れば、ラサーナヘアカラートリートメントでしっかりと髪の毛を染めることが出来るのではないでしょうか。

髪を絶対に傷めない!