白髪染めの方法

ヘアカラータイプの白髪染め

カラーリングタイプ 白髪染め

 

白髪染めといえばヘアカラータイプ。

 

たぶん、一般的に「白髪染め」といわれて連想するのがヘアカラータイプの白髪染めではないでしょうか?
通常のカラーリング同様、2剤を混ぜ合わせることで白髪染め効果を実感することが出来ます。

 

ヘアカラータイプは、キューティクルを開かせることで白髪染め効果を発揮する商品です。

 

通常、髪の毛のキューティクルはきゅっと閉じられています。
外側のメラニンは通常であれば黒色をしているのですが、白髪の人はメラニンが白くなっているので、白髪が生えてくるのです。

 

ヘアカラータイプの白髪染めの1剤が髪の毛につくと、アルカリ剤の性質のおかげでキューティクルが開きます。

 

次に、開かれたキューティクルに染料が浸透し、ヘアカラー効果を実感するでしょう。

 

さまざまなタイプの染料が髪の毛の内部に浸透していき、髪の毛が徐々に染まっていくのです。

 

最後に過酸化水素が入り込み、化学反応を起こしてキューティクルが閉じられます。
このおかげでキューティクルから染料が出てくることなく、色が定着していくのです。

 

ヘアカラータイプの白髪染めは、永久染毛剤と呼ばれています。

 

これは、一度でしっかりと色を入れることが出来ますし、色もちが良いというメリットを持った白髪染めの種類でしょう。

 

真っ白の髪の毛でも、一度白髪染めをすれば黒色に染めることが出来ますよね。
短時間で色を変えられるのが一番の特徴です。

 

しかし、ヘアカラータイプの白髪染めは髪の毛に負担がかかるというデメリットがあります。

 

強制的にキューティクルをこじ開けて色を入れて閉じるので、当然髪の毛への負担は大きいでしょう。

 

そのため、薄毛が気になる人や髪の毛の痛みが気になる人は、ヘアカラータイプの白髪染めをおすすめすることは出来ません。

 

使い続けることでどんどん髪の毛は痛んでいきますし、薄毛じゃなかった人でも薄毛になってしまう可能性はあるでしょう。

シャンプータイプの白髪染め

シャンプータイプの白髪染めは、新しいタイプの白髪染めです。

 

使い方はとっても簡単。普段のシャンプーと同じように洗髪をするだけで、白髪を染めることが出来るのです。

 

シャンプータイプの白髪染めは、カラーリングタイプとは違いあくまでも半永久染毛です。
そのため色の入りはカラーリングタイプに比べると低いでしょう。

 

しかし、カラーリングタイプよりも髪の毛への負担も少なく、普段のシャンプーを変えるだけで白髪染め効果を実感できるので、手間をかけたくない人には人気の高い商品です。

 

しかし、シャンプータイプの白髪染めにはいくつかデメリットがあります。

 

一つ目は一度では簡単に染めることが出来ないということ、二つ目は色の入りがとても薄いこと、三つ目は浴槽が汚れる可能性があるということです。

 

特に二つ目は重要です。

 

シャンプータイプの白髪染めを使用した方の口コミを見ると、ほとんど効果を実感することが出来なかった、髪の毛を染めることが出来なかったという人がとてもたくさんいます。

 

また、シャンプーにはこだわりがあり、普段のシャンプーを使い続けたいという人も多いでしょう。

 

確かにお気に入りのシャンプーと白髪染めシャンプー、2回シャンプーするのは手間ですし髪の毛にもよくありません。

 

シャンプータイプの白髪染めは、あまりおすすめできない種類の白髪染めかもしれませんね。

おすすめはトリートメントタイプの白髪染め

カラーリングタイプの白髪染めは髪の毛が痛む。
シャンプータイプの白髪染めは染まりが悪い。

 

では、何が一番良いのでしょうか?

 

今人気なのは、トリートメントタイプの白髪染めです。

 

トリートメントタイプの白髪染めは、トリートメントのように使うだけで染髪効果を実感することが出来る白髪染め商品です。

 

分類は、白髪染めシャンプーと同じく半永久染毛料となっています。
そのため、カラーリングタイプほどの効果は実感することが出来ません。

 

また、一度で染めることは出来ず、数回使い続けることで徐々に効果を実感できる白髪染め商品となっています。

 

しかし、シャンプータイプよりも染まりがよく、トリートメント効果も実感できるので髪の毛に負担をかけないととても評判の商品です。

 

トリートメントタイプの白髪染めにはさまざまな種類があります。

 

たとえばラサーナヘアカラートリートメントは、ダブルカラー処方なので、しっかりと髪の毛を黒色に染め上げてくれるでしょう。

 

ラサーナヘアカラートリートメントにはマイクロ染料とイオン化染料の2種類が含まれています。

 

マイクロ染料は微粒子の染料で、キューティクルの隙間に入り込み内部からしっかりと染め上げてくれるでしょう。
イオン化染料はイオン化した色素です。髪の毛と結合をすることで、色が定着し外側から染め上げてくれます。

 

このように、ダブルの染料が内側から外側から髪の毛を染めてくれるので、半永久染料だけれども白髪染めよりも高い効果を実感することが出来ます。

 

もちろんトリートメントとしての美髪成分も含まれていますし、使い方もとても簡単です。

 

あくまでワンステップ上のケアとしてのトリートメントなので、シャンプーは普段お使いのものを使い続けることが出来るでしょう。

 

色が入るまでは若干時間がかかるかもしれませんが、数回使うことでどんどん自然に色を入れることが出来ます。

 

むしろ、カラーリングタイプの白髪染めよりも自然でふんわりとした色合いなので好ましいと感じる方が多いのではないでしょうか?

 

気軽にしっかりと、しかも綺麗に染め上げたいのであれば、トリートメントタイプの白髪染めを使うことをおすすめします。

髪を絶対に傷めない!