きれいに染まる白髪染めの選び方

髪と頭皮にダメージを与えない白髪染めの選び方 

枝毛

 

白髪染めは頻繁に行わないとすぐに根元部分が目立ってしまうこともありますよね。

 

ですがあまりにも染める回数が多いと、白髪染めもカラーと同じく頭皮や髪を傷めてしまいます。

 

髪や頭皮にダメージを与えてしまうと、髪の毛が傷み白髪染めも染まりにくくなるため、さらに回数も増えてしまうことになってしまいます。

 

ですが白髪染めの種類によっては髪と頭皮にダメージを与えないものもあるので、しっかり選んで染めるようにしましょう。

 

白髪染めの中でもトリートメントタイプというものがあります。

 

これは髪をトリートメントしながら白髪を染めていくものなので、髪や頭皮にダメージを与えることを最小限に抑えてくれます。

 

またトリートメントは髪の毛を補修してくれる役割もあり、補修しながら染めることにより痛みも軽減し回復するようになるでしょう。

 

髪の毛が健康であれば染めた部分の退色も抑えられるので、色も長持ちする場合があります。

 

いつもの白髪染めを使用することも全体的な退色があれば必要になるかもしれません。

 

ただそのあとにトリートメントタイプの白髪染めを取り入れることで、傷んだ髪を補修し退色も抑えてくれるでしょう。

たった1度の白髪染めでも髪質や頭皮の状態によってはダメージを受けてしまうこともあります。
できれば白髪染めで失敗したという方や、髪の毛が傷みやすいという方はトリートメントで白髪染めを行うようにしましょう。

 

 

白髪染めの種類

 

白髪染めといえば一般的に思い浮かべるのが、2種類の染料を混ぜて髪の毛全体に塗るタイプではないでしょうか。

 

確かにこのタイプがいちばん使用されている白髪染めではありますが、実はこれ以外にも白髪染めにはたくさんの種類があるのです。

 

まず白髪染めでも優しく染めることができるトリートメントタイプの白髪染めがあります。

 

シャンプーの後に通常のトリートメントと同じように使用すれば良いのでとても手軽で簡単、しかもダメージも最小限に抑えることができます。

 

そしてトリートメントと同じように、シャンプーの白髪染めもあります。

 

こちらもシャンプーと同様に使用することができますし、手軽でダメージも少ないタイプです。

 

頻繁には染めたくないけどケアはしっかりしたい方に向いているので、生活の中に溶け込む使い方ができます。

 

また他にも部分染めタイプなどがあり、プッシュタイプで何度も気になった時に使用して、そのまま保存できるタイプのものがあります。

 

こちらは普通の白髪染めがコンパクトに部分染めができるようになったものなので、ダメージを受ける可能性もあるため注意が必要です。

 

ただ部分染めにも色々なタイプがあり、まずからのような形のものは、ちょっとした生え際にお出かけ前でも使用することができるというものもあります。

 

今となっては数多くの種類が販売されている白髪染め、用途などで使い分けることもできるので、自分にあったものを選んでケアしていきましょう。

 

 

各白髪染めの特徴

 

白髪染めにはたくさんの種類がありますが、それぞれに特徴があるため用途に合わせて使い分けることができます。

 

ただ自分が思っていたものとは使用感が違うということもあるので、それぞれの特徴をしっかりと把握してから使用しましょう。

 

まずは一般的な白髪染めの場合、こちらの特徴は白髪を短時間でしっかりと染めることができるという特徴があります。

 

ですが髪や頭皮にダメージも与えやすいため、しっかりとケアしながら使用しなければなりません。

 

時間のない方や、髪の毛全体の退色が目立つ方にはおすすめです。

 

そしてシャンプータイプの白髪染めは、普段のシャンプーのように使用するだけで白髪を染め目立たなくさせてくれます。

 

トリートメントタイプの白髪染めもあるので、一緒に使用することでしっかりと染め色持ちも良くしてくれるでしょう。

 

ですがこれらのタイプは一般的な白髪染めとは違うため、色が染まりにくいと感じるでしょう。

 

どちらかというと一気に白髪を染めるものではなく徐々に自然に色をつけていくものなので、個人差や髪質も含めると時間が少しかかるかもしれません。

 

これ以外にも部分染めもありますが、こちらは一般的な白髪染めとあまり変わりありません。

 

このようにそれぞれ特徴を生かしながら使用して、しっかりと白髪ケアしていきましょう。

 

 

トリートメントタイプは染まらない?

 

白髪染めの中でも生活の中に溶け込むように使用することができる、トリートメントタイプの白髪染めはとても便利で取り入れやすい特徴があります。

 

ですが一般的な白髪染めとは違って、1回使用した後にチェックしてみても染まっていないと思ったことも、使用された方はあるのではないでしょうか。

 

またトリートメントタイプは染まらないという噂を耳にしたことがある方もいるかもしれません。

 

ですがこれは染まらないというわけではなく、染まるまでに時間がかかってしまうということなのです。

 

トリートメントタイプの白髪染めは使うほどに色味が増し、徐々に染めることができるようになっています。

 

そのため1回使用しただけでは染まってはいないのです。

 

今すぐに白髪を染めてしまいたいという方には向いていないので、まだそこまで気にされていない方や、染めた後のケアを始めたいという方に向いているかもしれません。

 

ただ通常の白髪染めと違うところは染まりにくくてもダメージは最小限という点です。

 

どうしても白髪染めは頭皮や髪にダメージを大きく与えてしまうものです。

 

仕上がりは良くても髪の毛が傷んでしまえば、見栄えが悪くなってしまいます。

 

髪の毛も綺麗に保っていたいという方は、トリートメントタイプも取り入れて徐々に染めていく方が良いでしょう。

 

このように染まりにくいと言われているトリートメントの白髪染めですが、時間をかければきちんと染まりダメージも与えることはありません。

 

髪の毛や頭皮が気になる方はトリートメントで白髪染めをしましょう。

 

 

髪と頭皮の健康を考えたらトリートメントタイプがおすすめ

 

白髪染めを頻繁に行っていると、頭皮や髪にダメージを与えてしまうことになります。

 

実際に白髪染めで髪の毛が傷んでしまったという方もいるのではないでしょうか。

 

しかも頭皮が傷んでしまうとフケやかゆみなども発症するため、髪も頭皮もボロボロになってしまいます。

 

時間が経過すると薄毛になる可能性まで出てきてしまいます。

 

このようにならないためにも髪と頭皮のことを考えて、トリートメントタイプを利用することがオススメです。

 

トリートメントタイプは徐々に染まるタイプの白髪染めです。

 

1回では全く効果は感じられないかもしれませんが、徐々にしっかりと染まるため回数を重ねて早ければ3日でも色がついたと感じることもあるでしょう。
またそのまま普通に塗り込み洗い流しても良いですが、パック程度で10分から20分放置するとより色が入りやすくなるものもあります。

 

全く染まらないということもありませんし、また放置時間を設けても頭皮や髪が傷むことを最小限に抑えてくれるのです。

 

白髪染めによる頭皮や髪の毛のダメージは自分が思っている以上に進行してしまいます。

 

また髪が傷むことで白髪染めも早く色が抜けてしまうので、さらに染めるという悪循環にも陥ってしまうのです。

 

通常の白髪染めも早く済ますことができるため便利なのですが、頭皮や髪の健康のことも考えてトリートメントタイプのものに変えていくようにし、綺麗でツヤのある髪の毛を保ちましょう。

 

↓ラサーナ白髪染め+ヘアケア一覧