白髪と薄毛は若いころからのケアが大事!

若いころのカラーやパーマは白髪や薄毛につながる?

加齢とともに少しずつ白髪が増えていったり、髪の毛が抜けて薄毛になってしまうことがあります。

 

パーマ

 

白髪や薄毛は遺伝だから仕方がないと思っている人もいるかもしれませんが、実は白髪や薄毛の原因は遺伝だけではありません。

 

頭皮に負担を掛けすぎたことが原因で白髪や薄毛になってしまうこともあるので、早めのうちから頭皮環境を健康的に保つように意識していきましょう。

 

 

頭皮にダメージを与えてしまう原因のひとつとして、若いころに繰り返し行っていたカラーやパーマが挙げられます。

 

若いころには、お洒落な髪形を沢山楽しみたいですよね。
髪の毛の色を派手にしてみたり、パーマをかけてふんわり感を楽しんでいる人が多いでしょう。

 

お洒落な髪形を楽しめるカラーやパーマですが、あまりにも頻繁に行っていると、髪の毛だけでなく頭皮にもダメージを与えてしまう恐れがあります。
カラーやパーマを行うときの刺激によって頭皮環境が悪化してしまうと、将来白髪や薄毛になってしまう可能性が高くなります。

 

頭皮環境を健康的に保ったまま髪形のお洒落を楽しむには、カラーやパーマを行うときに一定の間隔を空けるようにしましょう。

 

 

白髪は遺伝?

 

頭皮環境が悪化することで白髪になってしまうことがありますが、もちろん白髪になる原因はそれだけではありません。
両親のどちらかが白髪である場合、子供も白髪を遺伝してしまうことがあります。

 

具体的には、白髪になりやすい体質を受け継いでしまい、実際に白髪になっている両親と同じ生活習慣を送ることで、子供も白髪になる可能性が高くなるのです。
遺伝による白髪を防ぐためには、自分が白髪になりやすい体質であることを自覚し、頭皮環境の悪化や栄養不足を防ぐような生活をすることが大切です。

 

20代の白髪対策はこちらをご覧ください

 

 

頭皮環境が悪かったり、体の血行が悪くなっていると、健康的な髪の毛を育てるために必要な栄養が正常に運ばれなくなってしまいます。
髪の毛が太く長く育たなくなって薄毛になってしまったり、メラニン色素がしっかりと定着せずに髪の毛が伸びてしまって白髪になったりするのです。

 

頭皮環境の悪化は、強すぎる力でシャンプーをしないように心掛けたり、カラーやパーマを頻繁に行わないように気を付けることで防げます。

 

体の血行は、毎日のお風呂をシャワーだけで済ませず、しっかりと湯舟に浸かることで改善できるでしょう。
また、栄養不足の状態が続くと髪の毛に影響が出てしまうことがあるため、食事制限をする無理なダイエットは控えましょう。

 

健康的な生活を送っていれば、白髪になりやすい体質が遺伝していたとしても、白髪を防げるでしょう。

 

 

若いころからできる白髪と薄毛予防

 

将来、白髪や薄毛になりたくないと思っているなら、若いころから白髪・薄毛予防をしておきましょう。
白髪や薄毛になりやすい体質を遺伝で受け継いでしまっている場合もありますが、生活習慣やヘアアレンジの仕方に気を付けることで、発症を防げるかもしれません。

 

若いころにカラーやパーマをしすぎないように気を付けましょう。
たまに美容室に行ってカラーやパーマを楽しむ程度であれば良いのですが、あまりにも頻繁にカラーやパーマをしていると、頭皮にダメージを与えてしまうことにつながります。
市販のヘアカラーなどを使って自分で髪の毛を頻繁に染めている人は、気付かないうちに頭皮が傷んでしまっている可能性が高いです。

 

若いころはそれでも良いと思っていても、少しずつ白髪が増えてきてしまったり、抜け毛が増えて薄毛になってしまうかもしれません。
白髪・薄毛を予防するためには、頭皮のことを考えながらヘアアレンジを楽しみましょう。

 

また、生活習慣が乱れた状態が長く続くことでも、頭皮環境が悪化してしまったり、健康的な髪の毛を育てるために必要な栄養が不足してしまいます。
若いころは夜更かしをしても平気だと思っているかもしれませんが、将来の髪の毛の健康も考えた生活を送りたいですね。

 

 

 

 

髪を絶対に傷めない!